差し歯が取れたときに備えたデンタルインフォメーションサイト

>

差し歯が取れてしまった後に行うべき対処

このコラムをシェアする

差し歯が取れてしまった場合の対処法

差し歯が取れてしまった際、さほど不便を感じにくい場所だと、差し歯の役割を過小評価してしまい、歯科医院での診療や再装着を怠るケースが稀にありますが、これは残存している健康な自然歯にとっても、歯茎にとっても望ましいことではありませんし、差し歯の土台となっている治療によって削れた自然歯がある場合、虫歯をはじめとした口内疾患のリスクが爆発的に跳ね上がりかねません。

差し歯が取れてしまった場合、差し歯を再装着することが重要であることから、速やかに歯科医院で診療を受けることが最良の対処法ですが、必ずしもかかりつけの歯医者や信用できる歯科医院が近所にあるとは限りませんし、歯科医院に行くための時間を捻出できるわけではないため、差し歯が取れてしまった際のケアについても、把握しておくべきです。

取れてしまった差し歯の保存法と患部のケア

取れてしまった差し歯は、必ずしも破損しているわけではありませんし、仮に破損していても多少欠けてしまった程度であれば、補修して再度差し歯として利用することは難しいことではありませんので、取れてしまった差し歯が破損しているか否かに関係なく、取れてしまった差し歯は直ちに回収してください。

無事に取れてしまった差し歯を回収できた後は、ハンカチなどに包んで一時保管し、家まで持ち帰り、ピルケースのように小型かつ、中身が透けて見える透明や半透明のケースに移しての保管が理想的ですが、差し歯に余計なものや汚れが付着しないようにすることが優先されるため、紙や木を材質とした差し歯がくっつきかねないケースを除き、不潔でなければどんなケースで保管しても問題ありません。