差し歯が取れたときに備えたデンタルインフォメーションサイト

>

差し歯が取れてしまった時の応急処置と応急処置に使えるもの

このコラムをシェアする

差し歯が取れてしまった時の即応応急処置

残念ながら差し歯が取れるというのは突発的な事態であるため、取れる状況をコントロールできることはほとんどなく、差し歯が取れた際の最適解である、歯科医院での診療と差し歯の再装着が叶えやすい状況下で差し歯が取れるということは稀で、勤務中や授業中、移動中など、ままならない状況下で差し歯が取れてしまうことの方が多いのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが即応可能な応急処置であり、ゆすぎうがいで患部の清潔を適度に保ちつつ、取れてしまった差し歯には、クリームタイプの入れ歯安定剤を使うことにより、自力で差し歯を取れた箇所に仮止めしておくことができるため、即応可能な応急処置が取れるので、差し歯があるのであれば、小型のクリームタイプ入れ歯安定剤を普段から持ち歩くことをお勧めします。

応急処置に使ってはいけないもの

突発的に取れてしまった差し歯が、目立たない位置にある差し歯なら、取れた差し歯を保管しておき、歯科医院に向かえる状況になるまで待てばいいかも知れませんが、前歯のように目立つ箇所の差し歯が外れてしまった場合、即応できる応急処置ができるのとできないのとでは、行動の自由度に格段の差が出るため、応急処置を講じることができるなら、是非、講じるべきです。

ただし、差し歯の応急処置においては、差し歯と差し歯の装着箇所に悪影響を与えないことが重要となるため、差し歯を仮止めするために使用するものは厳選しなければならず、差し歯の仮止め効果こそ期待できるものの、歯科医院での差し歯の再装着に支障をきたす瞬間接着剤は、取れてしまった差し歯を捨てる覚悟がない限り使うべきではありませんし、差し歯を保管する際、ティッシュペーパーのような差し歯にへばり付いてしまうものの使用も控えましょう。